林修の今でしょ講座 !肌のシミ、目の白内障ケア特集

2016年8月30日の「林修の今でしょ!講座」で「肌、目、脳、猛暑の後のアフターケアSP」として夏の紫外線のダメージによるシミ・シワ対策スキンケアや、目・脳の老化対策が紹介されたので紹介します!

暑かった夏…「暑かったねえ」では済まされないというのです。私たちの体に致命的なダメージを与えているかもしれません。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

猛暑の紫外線!シミなどに対する肌のアフターケア

シミの原因物質、AGEとは?

猛暑後のシミ対策について解説してくれるのは久留米大学医学部教授の山岸昌一(やまぎししょういち)先生です。

夏場に強い日差しを浴びたら、一カ月くらいかけてシミが作られます。肌にとって有害な紫外線をから肌を守る黒い傘「メラニン色素」。私たちを守ってくれているのですが、メラニン色素をなくさないと黒い傘を開いたまま、つまりシミができてしまうということになります。

この傘を閉じたいのですが、閉じるのを妨害する「シミの原因物質」があるというのです。それはなんと、パンの焦げと同じような現象、「メイラード反応」を引き起こしていると言います。

そのシミの原因物質とは「AGE(エージーイー)」!シミができないためには、AGEをため込まないようにする必要があるのですが…。AGEが多いと、夏の終わりの弱い紫外線でも、シミが残りやすくなってしまうのです。

つまり、体内からAGEを減らすことが医学的なシミ対策なのです。

シミの原因物質AGEを食品から減らす方法とは?

AGEが多く含まれるのは、ずばり肉!簡単に言うと、油脂を多く含む食品がAGEの多い食品です。肉を蒸すのに比べて、揚げるとAGEが10倍ほど違います。しかし調理法でAGEを減らす一工夫の方法があります。

  • 肉を酢で下ごしらえをする。
  • キノコと一緒に調理する。(キノコはキチン・キトサン)

いつも肉を食べるとき気にしないといけないのは大変ですね…でもAGEを減らし、シミ対策になりそうです!

 

 

猛暑の紫外線で白内障?!目のアフターケア

夏の紫外線で白内障の恐れが高まる

目は「むき出しの臓器」と言われています。夏の紫外線で白内障の危険も高まってしまいます。

目が白内障になるのは、目玉焼きと似たような現象だといいます。卵が熱せられて白くなるように、眼の部位である水晶体が光のエネルギーによって白くなってしまう。それが白内障です。

白内障を防ぐ「ルテイン」

これを防いでくれる物質が「ルテイン」と言われます。ルテインはほうれん草に多く含まれています。ほうれん草のナムルにすると、ルテインが良く吸収されるといわれています。

ほうれん草をたくさん食べなくてはなりませんが、有効な方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です