主治医が見つかる診療所:食中毒?!3日間下痢が続いたら病院へ!

 

これって食中毒?!異常な腹痛や下痢などが続いて、でも病院に行っていいものかどうかわからない…。そんな悩みのために知っておきたい情報が「主治医が見つかる診療所」で紹介されました。

食中毒の恐ろしさがわかるエピソードも…。ぜひ参考にしてください。

[adsense]
スポンサーリンク

ある漫画家の壮絶な食中毒体験

・原因不明の腹痛から血便へ…

主にインターネット上で活躍している漫画家の窓ハルカさんは、23歳の時に壮絶な食中毒を体験しました。

ある日の午前11時頃、腹痛にみまわれました。普通の下痢かと思っていたら、いくら便を出しても腹痛が治まらない状態が続きました。

下痢止めを飲んだらおさまりましたが、その夜に激しい嘔吐と下痢にみまわれました。

翌朝症状改善しないため医者に行ったら「風邪だと思う」と言われたとのこと。

「なんだ風邪か」と思い、処方された薬を飲んで寝ようとしたが、

これまでに経験したことのない熱を伴う腹痛を感じました。

トイレに駆け込んだら、便ではなくなんと血が大量に出たのです。

翌日の3日目から入院しましたが1週間原因がわかりませんでした。

・原因はO-157だった

1週間後詳細な検査を行ったら「O-157」だとようやく判明した。

しかしこの間にハルカさんの腎臓機能が著しく破壊され、3週間入院して人工透析にかかることになりました。

そして、感染源はハルカさん本人もわからず、結局不明のままとなってしまいました。

・一歩間違えれば一生人工透析の生活に

腎機能がもう少し破壊されていたら、一生人工透析をする生活になっていたかもしれないハルカさん。

2ヶ月にわたって人工透析を続け、なんとか元気を取り戻すことができたのです。

・食中毒の原因菌によって潜伏機関が違う

O-157は3〜7日間。レバーなどの生肉が主な感染源。

黄色ブドウ球菌は1〜6時間。どこにでもいる細菌で、手洗いや加熱処理で予防可能。

カンピロバクター菌は2日〜7日。鶏、牛、豚などの生肉が感染源。

サルモネラ菌は8時間〜3日。卵に多い。

 

3日以上の下痢、血便、水分が取れない→医療機関へ!

・3日以上下痢が続く

・血便が出る

・水分が摂取できない

これらが一つでも当てはまったらすぐ医療機関へ行きましょう!

 

食中毒の予防法など

・とにかく生の肉を食べない!

お肉の加熱殺菌は基本です。また、肉を焼く箸と食べる箸を分けるのも重要。

・殺菌作用のある調味料など

生姜、わさび、しそ、梅干、お酢

万能ではありませんが、これらには抗菌作用がある食中毒を未然に防ぐ効果があります。

・下痢止めはダメ

食中毒の時には毒素を排出することが重要なので、下痢止めを飲むことはその逆をすることになってしまいます。

整腸剤や乳酸菌が含まれた錠剤を飲むほうがいいでしょう。

[adsense]

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です