ドクターX(6話)動画を今すぐ見る!ネタバレ感想

Pocket

「ドクターX 外科医・大門未知子」第6話の見逃し配信動画をU-NEXTで今すぐ見る方法や、感想をお伝えします!今回は海老名教授による院長の座を狙ったクーデーターです。大門未知子は難病患者を助けられるのでしょうか?

「ドクターX 外科医・大門未知子」はU-NEXTで見逃し動画配信中!

U-NEXTでは31日間トライアルを実施中!見切れないほどの数のドラマ、映画、アニメをイッキ見することも可能。これが31日間利用できるのですから使わないと損です!

「ドクターX 外科医・大門未知子」も今すぐ視聴できますよ!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドクターX(2016年)6話のあらすじ

「東帝大学病院」では、病院長・蛭間重勝(西田敏行)による過酷な論文執筆強要を受け、内科医・赤井富夫(長谷川朝晴)がアメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)の論文を盗用。世間を騒がせる問題にまで発展してしまった…。副院長の久保東子(泉ピン子)はその隙に、将来を見越して蛭間から鞍替えしてきた医師たちを統率。蛭間に辞表を提出するよう迫る。

その翌日、蛭間がマスコミを集め、会見を開いた。しぶとい蛭間もさすがに観念して辞職を発表する日が来たか…と、興奮気味に会見場へ詰めかける医師たち。ところが、蛭間は想像以上にしぶとかった!

 裏でどんな策を練ったのか、なんと会見には来日中のスターキーと、金沢から駆けつけた蛭間の腹心・海老名敬(遠藤憲一)も登壇。盗用疑惑を懸けられた「東帝大」の論文はこの2人と、スターキーの部下ロック・シュリンプ教授(坂元健児)が共同執筆したもので、盗用ではないと主張したのだ!

さらに、海老名はスターキーと連名で、世界初の術式を開発したと発表する。なんでも、人工心肺も使わなければ、心臓にメスも入れず、心臓内まで伸びた肝臓腫瘍を切除するというのだ。そんな難しい手術がどうやったらできるのか…と、大門未知子(米倉涼子)は強い関心を示すが…!?

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

スポンサーリンク

ドクターX 6話のネタバレ、感想

論文盗用疑惑で副院長(泉ピン子さん)から辞職を迫られた蛭間院長ですが、奥の手を使ってきます。偶然現れた、金沢分院に勤務する海老名外科部長が救いの手を差し伸べたのです。

海老名は論文盗用されたスターキー教授とパイプを持っていました。スターキー教授は金で何でもする人間で、賄賂を受け取ることで盗用ではなく東帝大学病院の海老名との共同制作だということにしました。

海老名とスターキー、もう一人の共同制作者のシュリンプ教授は新たに論文を発表し、これにより蛭間院長は形勢逆転します。が、その論文の内容は明らかに実現不可能なオペでした。

ただ同時に、オペの対象者もいませんでした。そのためオペが実現不可能ということも示せない状態です。「チャレンジをしたということを世間に知らしめたことが重要。オペはなくていい。」と蛭間院長は勝ち誇ります。

ところがそんな時、シュリンプ教授が倒れます。原因は肝臓の腫瘍で、まさに新しい論文の症例に合った患者でした。実はシュリンプ教授は自分の病気を知っており、不可能と思いつつも論文に自らの病気が治る願いを託していたのでした。

患者の登場を封じ込めようとする蛭間院長は、再度寝返った外科部長と内科部長を通じて、シュリンプ教授をアメリカに帰るよう言います。スターキーも思わぬ患者の出現に驚き、シュリンプを切り捨てて帰国します。

シュリンプは海老名に言います「私はスターキー先生のおかげで教授にまでなれた。なんでもした。靴をなめろと言われればなめた。だからこれでいいんです。あなたも蛭間院長には逆らえないからわかるはずだ。そうでしょう?」

 

 

スポンサーリンク

ドクターX 6話の見逃し配信動画を見る!

「ドクターX 外科医・大門未知子」はU-NEXTで見逃し動画配信中!

U-NEXTでは31日間トライアルを実施中!見切れないほどの数のドラマ、映画、アニメをイッキ見することも可能。これが31日間利用できるのですから使わないと損です!

「ドクターX 外科医・大門未知子」も今すぐ視聴できますよ!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です